交通事故の際の手順

事故直後の手順

1.負傷者がいてる場合は救急車(119)を呼ぶ

まずは冷静になり落ち着いて行動しましょう。

 

2.警察(110)に電話

どんな些細な事故であっても必ず警察を呼びましょう。当人同士だけでの示談はトラブルにつながります。損害賠償の話を警察が来る前にされても絶対に署名や捺印などはしてはいけません。

 

3.現場の状況を記録する。

加害者の車のナンバーや氏名、電話番号など可能な限り確認しましょう。
目撃者がいる場合は証言をメモし、氏名や連絡先などを聞いておきましょう。
事故現場を写真にとりましょう。後で大事な証拠になることがあります。

 

4.保険会社に連絡

今後どういうことをしていけばいいか教えてくれます。休業補償、車の修理費、治療費、慰謝料、示談などの補償を受けられるように相談しましょう。

 

ひろたに整骨院にかかる手順

1.病院を受診

交通事故直後の症状は様々です。直後は興奮状態により痛みを感じにくいこともあります。症状の有無に関わらず医師に検査してもらい診断してもらうことをおすすめします。事故から日にちがたってしまうと事故との因果関係が証明するのが困難になり補償が受けられなくなることがあります。診察の際は痛みのある場所を遠慮せずに全て医師に伝えましょう。

 

2.保険会社に連絡

事故に遭ったあなたをサポートしてくれるのは保険会社の担当者です。その担当者にひろたに整骨院へ通院したいということをお伝えください。

 

3.当院に連絡

当院は予約優先制になっていますので予約をとっていただくとお待たせしません。 電話でご予約ください。当院にこられる時はできるだけ病院でもらった診断書(コピーでも可)をご持参ください。診断書をもとに施術を行います。

 

4.当院に来院

問診、検査をていねいに行い治療計画をご説明させていただき施術を開始します。手技療法を中心に行い物理療法も行っていきます。

 

整体治療の手順

 

1.自賠責保険が使えるか確認

自賠責保険が使えるか保険会社の担当者に確認してください。わからない場合は当院までお問い合わせください。自賠責保険を使用できない場合は自費の整体治療になります。

 

2.当院に連絡

整体治療は初回約60分かかります。当院まで連絡していただき予約をおとりください。

 

3.来院して施術

問診、検査をていねいに行い治療計画をご説明させていただき施術を開始します。

 

4.料金のお支払い、次回予約

当院では患者様が通院しやすいように回数券もご用意しています。

 

慰謝料が支払われる手順

1.全ての治療が終了

慰謝料が決まるのは全ての治療が終了してからになります。交通費や休業補償は保険会社や状況によって支払われるタイミングはバラバラです。休業補償がすぐにもらえないと生活が厳しい方は保険会社の担当者に相談してみましょう。

 

2.保険会社より示談書が届きます。

治療が終えると保険会社より示談書が郵便で届きます。

 

3.示談書に不満がなく了承してサインをして返送します。

示談書にサインすれば示談書に書いてあることを全て認めることになります。サインする際は内容をしっかりと確認してわからないことがあれば保険会社の担当者に質問しましょう。示談書にサインしない場合は示談金は振り込まれません。

 

4.示談金が振り込まれます。

交通事故が無事に示談になれば示談金が振り込まれます。示談が成立したら後からの請求は一切認められません。

 

保険会社に整骨院への通院を拒否された場合の手順

1.保険会社の担当者に整骨院への通院を拒否する理由を聞きましょう。

保険会社の担当者が整骨院への通院を認めない理由は様々です。

・ 医師の許可が口頭もしくは書面で必要な場合
この場合は許可をとれば問題なく通院できます。

・ 軽微な事故で整骨院の通院は必要ないと判断した場合
当院としてもこの理由においては保険の適正化利用として整骨院の利用をお勧めしません。もちろん軽微な事故であっても整骨院での治療が必要な場合もありますが、例として時速数キロ(クリープ現象)で動いている車にあてられて何ヶ月も通院する必要などは無いと思います。事故の大きさは車の修理費用や事故の状況などで判断されます。

・ 整骨院と保険会社との関係がよくない
○○整骨院に通院は認めないが当院への通院なら認めるといったケースが過去にありました。保険会社に拒否される整骨院にはそもそも何をしているかわからないので行かないことをお勧めします。

・ 正当な理由無しで認めない場合
こんなことは滅多に無いと思いますが、正当な理由が無く拒否された場合は当院に1度ご相談ください。

 

2.理由を聞いた後当院へご相談ください。

車の修理費の支払い額が決まる手順

1.修理が必要な車な場合車屋さんに修理を依頼しましょう。

車屋は自分で選べるので車を購入した店やいつもお世話になっている車屋さんにお願いしてください。代車が必要な場合は保険会社の方に相談しましょう。

 

2.事故の過失割合の決定

過失割合に納得いかない場合は示談交渉や裁判になります。警察の実況見分をもとに過去の事故の裁判例を参考に過失割合は決まります。

 

3.支払額の決定

あなたに過失が無い場合はもちろん修理費の負担はありません。過失が少しでもある場合で、車両保険などに加入してない場合は支払うことになります。

例 過失割合8:2であなたに過失が2ある場合
あなたの車の修理費が20万円相手の車の修理費が10万円の場合、合計金額の30万円の2割の6万円を支払うことになります。
免責がある場合や保険料があがる場合があるので、車両保険を使った方がいいのかは保険会社の担当者と相談しましょう。

 

後遺障害認定の手順

治療証明書類の発行 料金証明書類の発行 後遺障害診断書
医師 診断書 診療報酬明細書 作成可能
柔道整復師 施術証明書 施術費用明細書 作成不可

 

1.病院に通院

整骨院では後遺症の診断することはできません。症状がある場合は病院に定期的に通院しましょう。症状固定とみなされる基準として約6ヶ月になります。医師の診察を受けていなくて整骨院のみの通院となると後遺障害がとれる確立は少なくなります。

 

2.医師に後遺症診断書の依頼

6ヶ月で症状がとれず後遺症が残っている場合は医師と相談して後遺症診断書を作成してもらいましょう。むちうちは14級に該当することが多いです。

 

3.必要書類を用意

保険会社の担当者に聞きながら用意しましょう。

 

4.必要書類がそろい次第申請

 

5.認定されれば慰謝料の支払い

 

弁護士に依頼する手順

1.自分が加入している保険会社に弁護士特約がついているか確認

最近では任意保険に加入する際弁護士特約にはいっている方が増えています。
自分ではいった憶えがなくても勧められてはいっていたというケースが多いです。
保険料も保険会社にもよりますが月に数百円しかかわらないので未加入の方はぜひ弁護士特約をつけることをお勧めします。弁護士特約に加入している場合は弁護士費用が0円になります。弁護士特約にはいられていない場合は弁護士の費用は弁護士事務所によってことなりますのでご確認ください。

 

2.弁護士事務所に連絡

弁護士に詳しい交通事故の内容と弁護士特約の有無をお伝えください。知り合いの弁護士がいない場合は、希望があれば当院から交通事故に強い弁護士を紹介させていただきます。

 

3.弁護士による交通事故の紛争や慰謝料の増額の交渉

弁護士に依頼するということは裁判をするというイメージが強いですが、交通事故で裁判になることはよっぽどのことがないかぎりありません。弁護士に交渉を依頼してスムーズに解決してもらいます。実際に患者様は弁護士との話をするだけのことが多数です。
弁護士に解決することにより様々な手間が省け、患者様のストレスも軽減されるというメリットがあります。交通事故の痛み、手続きや相手との交渉などが重なるとストレスがたまってしまい体にはよくありません。交通事故のことで困っている、慰謝料に満足できない方は弁護士に1度相談してみましょう。交通事故に関することは、初回相談は無料でしてくれるところもあります。

 

無保険の車と事故になった際の手順

1.相手が自賠責保険か任意保険に加入しているか確認

自賠責保険は強制保険なので通常入っていないと車も購入できませんし、車検も通りません。罰則もあります。しかし、相手が自賠責保険未加入であったり盗難車、ひき逃げの場合などは自賠責保険が使えない場合があります。その場合政府保障事業により規定の額が保証されます。飲酒運転、無免許運転の際は被害者を守るという観点から自賠責保険が使えることがあります。
任意保険の加入率は約85%といわれており、もし任意保険に加入していない車と事故した場合は自賠責保険のみの請求となります。自賠責保険は怪我のみの補償で上限が120万円死亡事故に関しては3000万円が上限となっています。自賠責保険では車の保障はありませんので任意保険に加入していない場合は相手に直接請求する形になります。

 

2.保険で支払われない分については相手に直接請求する。

保険に加入していない方は支払い能力が無い方が多いです。しかし、相手に請求しないといけません。支払いができない場合は自分の車両保険を使えるか確認するのもいいでしょう。相手に過失が100%ある場合は特約で等級が下がらないものもあります。また無保険者傷害保険という保険で救済されることもありますので自分の保険会社に連絡して確認しましょう。

 

3.相手が支払わない場合は弁護士に依頼

ここまでくると素人では難しくなります。法律の専門家である弁護士に依頼しましょう。それでも相手に支払い能力が無い場合は相手がどれだけ悪くてもお金を払ってもらえず泣き寝入りするしかありません。

 

自損事故の際の手順

1.自分の加入している保険会社に何か使える特約がないか確認

自損事故の場合は自賠責保険が使えません。この理由としては、自賠責保険は被害者を最低限保障する保険になるので自損事故の場合は被害者も加害者もありません。自損事故の際に使える特約として人身傷害保険と搭乗者保険などがあります。

 

2.特約に加入している場合はその保険を使用する。

搭乗者がいる場合、搭乗者は自賠責保険を基本的に使うことができます。しかし、搭乗者が自賠責保険の上限をこえる場合は特約にはいっていないと保険はおりません。

ページトップへ戻る