交通事故の時の手順 富田林市 整骨院

交通事故 事故処理が終わってからの流について

こんにちは!大川です!
最近気温が上がり少しずつ、、、
いや、急激に暑くなってきましたね!
もう少し春の暖かい季節を楽しませてもらえないものかと思う日々でございます。(笑)

さて!今回は交通事故に遭ってしまったとき、事故処理が終わってから示談までの流れをお伝えしたいと思います!

・事故後その場で示談しないようにしましょう

示談とは、当事者同士による損害賠償の内容を決めることを言います。
お互いのケガが軽傷で車の損害も少ない場合その場で示談の内容を決めて済ませてしまう場合があります。

しかし、交通事故での体にかかる衝撃と言うのは自分が思っている以上にあり、事故後何日か経ってから吐き気や頭痛、むちうちで首の痛みなどが出てくる場合が多く、その時痛みがなく示談をその場でしてしまうとあとから痛みが出てきてもケガの補償は自分でしないといけなくなってしまいます。
たとえ口約束であっても双方の合意があれば成立してしまうこともあるので気を付けましょう!

・病院へ行きましょう

事故をした直後は興奮状態ということもあり痛みが感じにくくなっていることがあります。
家に帰ってからなど事故のあと少しでも違和感、痛みがある場合はすぐに病院へ行きましょう。
事故後何日か経ってからだと事故との因果関係が薄れてしまい治療が認められないこともあるので気を付けましょう!

・診断書を取りに行きましょう

治療をするにあたって診断書が必要になるます。診断をするのはお医者さんで僕たち柔道整復師は診断はできず診断書を書くことができないので病院へ行きお医者さんに状態を診てもらいましょう。
この時、ちょっとでも違和感があるな?というところはしっかりと伝えて診てもらいましょう。
あとからそこに痛みが出てきても診断書に書かれていない部位というのは治療が認められないことがあります。

・診断書を警察に届けましょう

人身事故にならないと人身損害についての損害賠償金が支払われません。
もしその時は痛みがなかったので物損事故で事故処理をしているのであれば人身事故に切り替えることをおすすめします。

・保険会社に電話をする
 相手が加入している保険会社へ電話をして痛みがあることを伝え病院、整骨院で治療することを伝えて許可をもらってください。

・整骨院で治療をする
 整骨院での治療はお医者さんの診断に基づき治療を行うので来院していただく際に診断書(コピーでも構いません)を持ってきてください。診断書は警察に提出すると手元になくなってしまうので警察に提出する前にコピーを取っておきましょう!
問診により症状を確認しながら治療を行っていきます。

・示談をする
 すべての治療が終われば示談書にサインをして示談となります。
ここでのすべての治療とは、病院と整骨院に行っていれば両方の治療が終了したときとなります。
示談書は治療終了から1週間後ぐらいに送られてきます。
そこに慰謝料の提示がされているのでそれにサインをして送ってから約1ヶ月後に慰謝料が振り込まれます。

ここまでが事故処理が終わってから示談までの流れとなります(^^)

初めて事故をしたという方であれば特にわからないことだらけだと思います!
当院では交通事故の相談を無料で行っております。

何かわからないこと悩んでいることがある場合はお気軽にご相談ください!

当院では平日の午後は15時から受付をしています。
平日の15時から16時が予約が少なく予約がお取りしやすい状況、予約がなくても待つことが少ない状況となっておりますのでお待ちしております(^^)

ひろたに鍼灸整骨マッサージ院
大阪府富田林市山中田町1-15-27
0721-25-5618

ページトップへ戻る